世界最長砂漠縦断ルートへの挑戦 in Australia

 
 自分の限界への挑戦の旅へ
4ヶ月、総走行距離22000km
<< September 2012 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 海外、旅、バイクについて

旅、特にバイクでの旅、大自然をめぐる旅が大好きです。

特にアメリカ、オーストラリアが大好きです。
というよりそこしか知りません。

アメリカに出会ったのは中学一年生の夏休み。

親が教えてくれたホームステイという異文化交流に興味を持ち、行かせてくれと懇願しました。

その経験は最高に刺激的で楽しく、今でも鮮明に覚えています。

とてつもなく大きな空、星、大地、自然、おおらかな人々、夢のような時間でした。

いつしか大人になったらアメリカで暮らしたい、仕事をしたいと思うようになっていました。

バイクと出会ったのは16歳。

先輩がハーレーショベルヘッドを見せてくれ、目の前でエンジンをかけてくれました。

ドッ、ドゥクドゥクドゥクドゥーン、クシュン・・・・・
ドッ、ドゥクドゥクドゥクドゥクドゥーン、
ドゥッドゥク、ドゥッドゥク、ドゥッドゥク、ドゥクドゥク

ドキドキしました。そしてワクワクしました。

これに乗りたい!心底そう思いました。

すぐさま教習所へ行き入学の手続きを済ませました。
中型2輪の免許を取得しすぐに400ccのアメリカンに乗り始めました。

そしてアメリカンに関する雑誌という雑誌、映画という映画を見まくりました。
一番衝撃を受けたのは「イージーライダー」という映画です。

当時17歳の自分に内容は良く理解できていなかったかもしれません。
ただ自由さを感じました。
日本では見たことのない砂漠地帯、地平線に延びる真っ直ぐな道を走っている姿に憧れました。

それから3年後にショベルヘッドを購入しました。

スピードやバイクの性能というものには全くと言っていいほど興味がありません。

ショベルヘッドという乗り物はエンジンをかけるたびに、毎回必ず胸がドキドキします。ワクワクします。
そしてまたがりギアを入れ、走り出した時の高揚感は慣れることがなく、毎回訪れ、最高の気分にしてくれるのです。

理屈などなく大好きです。

バイクを手に入れた自分は、ただ遠くへ走りたいと思いました。

当時の自分に海外を走る勇気はありませんでした。そしてまず北海道へ向かいました。

ただひたすら走ること、最高の気分にしてくれるバイクとの時間を共有するのが目的でした。

想像していた通り最高の旅でした。
いや想像をはるかに超えていたのです。

走っているときは風の音、エンジンの音、どんどん迫ってくる道だけの世界になります。
普段考える事がない事を考えられる無の時間でした。

見た事のない景色、自然の匂い、人のやさしさに触れる事ができました。
そして何より自分がやさしい気持ち、幸せな気持ちになりました。

旅が終われば現実に戻ります。
現実の自分といえば、東京の早い流れに流され、自分を見失い、グチをはいています。

現実に戻った自分はそんな自分が嫌になり、また旅に出たくなります。

自分にとって旅とは人間としての自然な気持ちを思い出させ、保つための手段です。

自然というものは時に優しく、時に非常に厳しいです。
色々なことを教えてくれます。
そして自分がどれだけ小さな人間かという事にも気づかせてくれます。

より自然な場所へ
より遠くへ

バイクでの旅が好きな理由は感覚的なものですが、ひとつあげるとすれば、
そんな気持ちにしてくれる最高のパートナーだからです。

時間とお金が許す限り、世界中旅したいと考えています。












| comments(0) | - | 14:24 | category: 海外、旅、バイクについて |
# プロローグ


泥、砂、石、コルゲーション、川

灼熱、そしてパンク地獄

さまざまな物が行く手を阻むオーストラリアのアウトバック

 

日本では舗装路しか知らなかった

ラフロードの走り方も知らない





ラフロードに入った瞬間クラッシュ

リアキャリアに山積みにした荷物が散乱する

バイクを起こし荷物を縛り付ける

そしてまたクラッシュ

その繰り返し

いったい何度繰り返せばゴールがあるのか





パンク、パンク、パンク

まさにパンク地獄




草原が燃えている

ブッシュファイヤー

ただでさえ40度を超す気温の中

両側炎の道

灼熱地獄








キャンプ場にはあまり泊まらない

360度地平線の砂漠

夜には降ってくるような星

最高の寝床だ








いったい何本川を越えただろう

その度靴も荷物もずぶ濡れ

もうあきらめた











走れば太陽と熱気が乾かしてくれる





バイクSHOPで取り付けたリアキャリアはあっという間に折れてしまった








標識はありがたい

なければ方位磁石と地図と勘だけが頼り







木は枯れてもなお燃え、炎となる

何もない砂漠の夜では明かるく、暖かく、肉が焼ける

自然のエネルギーに感謝する





何十キロ、何百キロ

気が狂いそうなラフロードは千キロ以上も続く

叫びながら走る

前に進んでも後ろへ戻っても厳しい悪路

無心に前へ前へ






バイクの故障

それはを意味する

もう何日も車とは会っていない

歩くしかないのだ

生きて帰るために










| comments(2) | - | 21:02 | category: プロローグ |
Profile
profilephoto
Selected Entry
Archives
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links